ワンストップ特例制度とは、どんな制度?

ワンストップ特例制度とは、2015年4月1日の税制改革で新たに追加された特例制度です。
利用可能条件を満たせば、煩わしい確定申告をしなくても、ふるさと納税による寄附金控除を受けることができる画期的な制度です。

 

ワンストップ特例制度の条件とは?

1. 寄付を行った年の所得について確定申告をする必要が無い人 

2. 1年間のふるさと納税納付先自治体が5つまでの人

 

ワンストップ特例制度の流れ

Step1:申請用紙への記入

ワンストップ特例制度の申請用紙(寄附金税額控除に係る申告特例申告書)に必要事項を記入します。

申請用紙のダウンロード

 

Step2:マイナンバーおよび本人を確認できる書類

申請のためには、マイナンバーおよび本人を確認できる書類の写しを同封する必要があります。

 

Step3:申請書類を自治体へ送付する

Step1、2 で用意した申請書類を、ふるさと納税を行った先の自治体に送付します。

申請期限は、ふるさと納税を行った翌年の1月10日(必着)です。

この期限までに、不備の無い状態で自治体へ到着するようにしてください。

 

© 2017 ふるさと納税 rss